ブラマヤッカ~アジア編chap4~

投稿日:

随分間が空いてしまいましたが・・・皆様このブログを覚えていらっしゃるでしょうか(;^_^A・・・やっとこさのchap4です。

前回までのくだりをお忘れの方は個々に読み返していただくという事で・・・。

台北で太田胃散という素晴らしい相棒を味方につけた私は、駅のドラッグストアで更に追加でひと箱購入し、準備万端(?)一路ベトナムへ!!

弾丸スケジュールの今回の旅で大大大活躍してくれたのが、このベトナム各地から近隣アジアに飛びまくっているLCC「ベトジェットエアー」です。

とにかく安い。

時期にもよりますがベトナム国内移動なんて2000円台からいけちゃうんです。

これは活用しない手はないですよね。

日程がタイトでゆったり列車や長距離バスの選択肢はなかった旅のまさに心強い相棒でしたw。

ただ・・・

なんというか・・・

ちょっぴり時間にルーズ?というかなんというか・・・

いや、まあ・・・それも旅の醍醐味というか、異国に行くと列車とかそんなことはざらなので全然気にはしていなかったのですが、この日この時、前日の腹痛ビッグウェーブの余波か搭乗してすぐに猛烈な眠気に襲われた私は搭乗してすぐ離陸前にすでに爆睡してしまいました。

しばらくして「ああよく寝たなぁ・・・今どのあたり飛んでるのかな?」と窓の外を眺めてびっくり。

まだ離陸すらしてなかった・・・・(-_-;)

飛行機微動だにせずですわ。

というのんびりさんLCCでした♪(毎度こんなに遅れるわけじゃありませんよ!…多分)。

そんなわけでこの日飛行機は遅れに遅れ、ホーチミンには結局深夜に近い時間になって到着しました。

当初の到着時間ならば空港から市内までは路線バスで移動しようと思っていたのですが、次が何時に来るのか(もう終バス行っちゃったかも?)わからなかったのと、体の疲労感が半端なかったので、ここで翌日以降使おうと思っていたベトナム版Uberともいえる「Grab」を使うことにしました。

UIはほとんどUberと同じです。

ドライバーの現在位置とプロフィールなどもしっかりと表示され、安心安全♪

こんな感じでドライバー情報が表示されます。
最寄りの車がどのあたりにいるのか一目瞭然!

台北ではものの3分でドライバーさんをゲット出来たので今回も「Grabちゃん!カモォーーン♪」と鼻歌交じりに空港出口で待つ私。

フンフンフン♪♪♪

フンフンフーン♪♪

フフンフン♪

フ・・・あれ??

待てど暮らせど、

来やしない(-_-メ)!!!

それどころかアプリで見ても車の位置情報、全く変化なし。

あとで詳しい人に聞いたところ、Grabにはまだまだこういうバグもあるらしく、この時も私はとりあえず一旦キャンセルしてまた別のドライバーさんをブッキングしてみました。

すると待つこと数分、ようやくドライバーさんを確保できて市内へGo!

時計はとっくに深夜を回っていました。はあ・・・

この日予約していた宿ですが、ちょっとセキュリティの厳しいエリアにあるようで、夜遅くなるとそのエリア自体に入る門が施錠されてしまうとの連絡を事前に受けていました。

とりあえず飛行機が遅れまくったことを連絡すると、宿のご主人から「自分の代わりのものが門の外まで迎えに出ているから大丈夫!」との返信にホッ。

そして車の中で猛烈な眠気と格闘しながら揺られること数十分、おそらく宿の近くであろう大通りに到着し、ドライバーさんに「着いたよ」と声をかけられ慌てて車を降りました。

はぁ・・・やっと着いたよ。

あ、あれ?

誰も・・・

いない?

しかも・・・

大通りなのに・・・

暗っ!

ちょっとぉ・・・

日付もとうに変わった異国の暗い路地で、呆然と立ち尽くす日本人女が一人。

これは・・・

絶対絶命のピーーーンチ( ;∀;)

疲労のせいか、子泣きジジイを背負ってしまった時のように(背負ったことないけど)どんどん肩に食い込むほど重くなっているように感じるバックパックを背負い、その後数十分大通りを右往左往しながら迎えを探し・・・結局また元の場所に戻り、思わず涙がポロリと出そうになったその時、

「Hey!Are you Risa?」

との声が。

声のする方向に恐る恐る近づくと原付バイクにまたがったにこやかなベトナム人男子がそこにいるではありませんか!

「いやぁ、この通りのもうちょっと向こうにいたんだよね。気付かなかった?」

・・・き、き、き、気づかねぇよっ!!

2メートル先も見えないんだよっ!この暗さじゃ!

あんたね、迎え係頼まれたんならもっとね、目立つ蛍光カラーの服装とかでね、旗でも振ってるとかね、なにより自分から頑張って私を探してよっ!

そう日本語で泣きじゃくりながら彼の襟元を掴んでユッサユサしながら

・・・叫びたい気持ちが爆発しそうになりましたが(-_-;)、

それよりなによりとにかく無事に出会えたという安堵の気持ちが先に立ち、もうただ彼に促されるままに一瞬の躊躇もなく原付バイクの後ろにまたがり宿に向かいました。

この時の安堵の気持ちと、生まれて初めて原付バイクの後ろにまたがり(交通ルール的にいいのか?)、頬に感じたホーチミンの夜風を私は一生忘れることがないと思います。

そしてもうぼろ雑巾のように疲労した私の体に夜風が当たるたびに、不思議な高揚感と旅が始まったんだという実感が湧いてきました。

そのまま原付男子のバイクはベトナム特有の「ヘム」と呼ばれる細い路地をクネクネとしばらく走ったのち、無事に宿へ到着しました。重々しい門を開けて出迎えてくれたのは、この人まさか女優さん??と思うような超絶セクシー美人オーナーさん。

ですがあまりの疲労感に笑顔も引きつる私はそのオーナーさんへの挨拶もそこそこに、崩れ落ちるように案内された部屋のベッドに倒れこんでしまいました。

そして翌朝、小鳥のさえずりがチュンチュンと、まるで映画のような効果音で目を覚ましてびっくり。

古さと新しさ、東洋と西洋が絶妙なバランスで同居する、なんともベトナムらしい素敵な建物が目の前に広がっているではありませんか。

ひゃぁーーー・・・

思わず声にならない叫びが。

機能的ではあるけれど無機質な箱のようなホテルが増え続ける旅先で、その国の歴史や趣をそこかしこに感じられる宿に出会えることは本当にラッキーです。

たとえシャワーの水圧が「これ、しずくか?!」と突っ込んでしまうくらい低くても、水はけが悪く気付くと足首まで水に浸かっていても、巨大なGに夜中のトイレで遭遇しても、アメニティ沢山置いてあるのに全部ボディソープでも・・・そーーーんな事は極めて些細な事なのです(・・・多分w)。

いやほんとに、温かいお湯も出るし、ベッドは広すぎるくらい広いし、wi-fiは快適だし、大通りに近いのにびっくりするほど静かだし。

足りるを知る。

何を重視するか。

旅に出ることで自分の尺度を知る事ができる。

この尺度があまりに違うと仲の良い友達でも恋人でも一緒に旅をするのは難しいんだろうなぁ。

でもね、日本ではイラっとしてしまうことも、海外に旅に出ると意外と「まいっか!」と流せちゃったりするんですよね。大らかな現地の人に感化されて自分も寛大になるのか、他に魅力的なものが沢山あるので気にならないのか、はたまたサービスがない事に慣れるのか・・・(^-^;

そうそう、話は元に戻って、その素敵な宿の門を出てヘムを少し進むと、こーーーんな可愛い教会もありました!

通りかかった可愛い子供連れの現地の方に撮ってもらった…子供のほうに笑

真っピンク!!

思わずペロッと舐めたくなるような、砂糖菓子みたいな色と質感です。

見た目の可愛さだけでなく、この聖タンディン教会は、ベトナムがフランスの統治下にあった1876年に建造された大変歴史ある教会で、ゴシック様式で建てられているのに装飾などにはバロックの要素もみられるという面白い教会でもあります。

ホーチミンではサイゴン大教会に次いで2番目に大きい教会なんですよ。

そのままお散歩がてらてくてくと歩き出すと、大量のバイクが排気ガスと共に目の前を走り抜ける路地の片隅で、フォーやら他にもなんか不思議な肉料理とか、朝ごはんを食すホーチミンの人々の日常がそこにありました。台湾に続きベトナムでも朝ごはんは外なんですね。

素敵なカフェもたくさん☆

さぁ、早朝から駆け足でご近所探訪もしたので午後からはホーチミンのコワーキングスペースで仕事です。

コワーキングスペース START COWORKING CAMPUS についてはchap5で♪

ブラマヤッカ~アジア編chap3~

投稿日:

Uber王子と共に到着したIMPACT HUB taipei!

中国語は全然読めないけどなんとなくWelcome感は伝わるボードに一安心。

虫コナーズがぶら下がる(台北の人も使ってるのね)扉を開け、どーもー♪ドロップインで一日使わせてください!とお願いするとスタッフの方が受付と合わせて建物の中を丁寧に連れて歩いてくれました。

まずはこちらが案内された本日の私の席。

ドロップインの場合は1階に常駐しているスタッフさんたちと一緒に大きなテーブルの一角を利用できる模様。

あ!マヤッカの床の間に飾ったばかりのネコヤナギがここにも!小さなシンクロに喜ぶ私。

壁には会員さんの自己紹介オーナメント。

その下にはフリースナック♪&ドリンク。

こだわりのドリップコーヒーも自由に飲めます。

「うちのコーヒーはフェアトレードだよ」とスタッフさん。

自由に使えるキッチンもあり。

2階は若いコワーカー達で賑わっていました。

IMPACT HUB taipeiは大学もほど近いので学生さんの姿も多かったです。

こちらは個室のシェアオフィス。

だるま・・・♡

「どうも日本からあれこれ聞きたがりの女が来ているらしい、気をつけろ!!」とスタッフの中で囁かれてなかったことを願いますが、1時間くらい仕事をしているとひょいっとオーナーさんが出てきてくれました。

こちらがオーナーさん♪

若い!

パートナー(こちらもとてもお若くてしかも英語が超堪能!)と共同経営をされているとのこと。

日本語も少し話せるオーナーさんだったのを良いことに、ここぞとばかりに質問攻めにする私。

台北のコワーキング事情や同級生が準備しているという台北で初めての泊まれるコワーキングスペースのお話etc・・・。

あれこれ五月雨式に質問が湧き出る私を面倒くさがることもなく(多分)終始気さくに一生懸命答えてくれました。

オーナーさん台北が大好きなんだって。

日本へも何回も行ったし、他に沢山の国も訪れたけど・・・台北が大好き!

旅行は大好きで数日後にもバカンスでしばらくタイに滞在するんだけど大好きなのはやっぱり台北!

愛してやまない台北のお話沢山聞かせてくれました。

あぁ、気持ちがいい。こんな風に言い切れるの。

私も日本が、出雲が好きだけど、地域外の方と話をしたとき、こんな風にちゃんと魅力を伝えられているだろうか。

その場所に縛られることは必要ないけれど、自国の素晴らしいところを胸を張って言える日本人でありたいな。

と、なんだかとても温かい気持ちに包まれそうになったその時・・・

「ん?なんか、お腹のあたりが痛い・・・かな??」

「いや、気のせいか・・・」

「いや、気のせいではない・・・痛い、気持ち悪い・・・」

にこやかなオーナーさんの笑顔が歪んで見えるほど突然襲ってきた胃の痛み・・・激痛!

そして前夜から今朝にかけて食べたあんな食べ物こんな飲み物が浮かんでは消えます。

これは・・・

もう間違いなく・・・

食べ過ぎ!!!

ああ、神様、ごめんなさい( ;∀;)

もう決して欲張らないからこの痛みを取り去って!!!

そんな願いも虚しくどんどん増していく痛み。

たまらずオーナーさんに

「すみません・・・お腹がとても痛くて・・・何か薬持ってませんか?」

と聞くと

「ああ、いいのがあるよ!すごくよく効くの!」

と急いで取りに行ってくれました。

良かったぁ・・・ありがとうオーナーさん!ありがとう台北!!

ん?

でも・・・

この辺りで薬と言えばまさか・・・?

秘伝の苦い煎じ薬とか・・・あ!!!!ゲテモノ系だったらどうしよう。

トカゲの黒焼き?!・・・とか??

わーー絶対ムリっ!!

でもせっかく持ってきてもらって拒否もできないじゃん。

どうしよう、どうしよう・・・

激痛のせいかもはや冷静な判断が出来なくなっていた私は頭の中をぐるぐるとおかしな想像に支配されかけていました。

そうこうしているうちにぱたぱたとまた急いで戻ってきてくれたオーナーさん、

片手に持っていたのは

ご存知太田胃散!

良かったぁ・・・と一気に体の力が抜ける私。

でもなんで太田胃散(^-^;??

日本人だから気を使ってくれたのかな。

と思ったら

「やっぱ薬は日本製だよ。日本の薬が一番安心、信頼できる」

だって。

へ、へぇ・・・。

まぁ、とにかくトカゲの黒焼き(?)じゃなくてほんとに良かったよ・・・( ;∀;)!

私がそんな事にほっとしているなんてことは夢にも思わないオーナーさんは太田胃散をそっと私に手渡した後、ウォーターサーバーを指さし「あそこで飲んでおいで」と促してくれました。

んもう、どこまで親切なの、ほんとにありがとう!

そしておもむろに太田胃散を流し込み、待つこと数十分。

なんということでしょう。

あんなに襲ってきていたビッグウェーブが気づけばさざ波に治まってきているではありませんか。

すごい!

太田胃散すごいよ!

広告に偽りなし!

今なら選挙カーに乗って大声で叫んでもいいくらい。

「いい薬ですぅーーーー!!!!」

 

 

chap3にしてようやく出てきたコワーキングスペースなのにやらかしてしまったアジア編w

まだまだto be continued!

 

 

 

 

 

ブラマヤッカ~アジア編chap2~

投稿日:

荷物を下ろすのもそこそこに台北の夜市に繰り出した腹ペコの私でしたが・・・

ご覧の通り、雨~~(-_-;)!!結構な雨あしで降っています。

というかこの時期台北はずっと雨でした・・・。

ジメジメシトシト蒸し暑い雨のまち台北。

雨でも屋台は出てはいるのですが、やはりちょっと少なめの印象。

軒先には愛玉などおなじみの台湾スイーツ系から、これが何なのか聞いたらきっと食べられないだろうなぁ・・・というような手ごわい逸品も並びます。

 

手ごわい系
↓↓↓

 

手ごわくはないけどちょっとびっくりする系
↓↓↓

そんな中、ん?とひとつの屋台の前で足が止まりました。

じゃりン子ちえばりの小学生(^-^;が普通に店番をしていたからではありません。

彼が一心不乱に焼いているこれ、最初は魚か何かだと思ったのですがよく見ると

え?エリンギ??

売っているのはエリンギ・・・のみ!

丸焼きエリンギの専門屋台です!

この屋台、他でもちらほら見かけたので

「台北人はかなりのエリンギ好き。焼き鳥感覚で食べる。」

という結論。

 

エリンギの丸焼き専門店かぁ・・・

うーむ、やはり面白いぞ台湾!!

ちょっと上から目線でそんなことを呟きながら屋台を流した後は、地元の人たちでワイワイと賑わっていたとあるお店に入りました。

そこで片言の英語ながら爽やかに接客してくれた娘さん?に「台湾でしか食べられないような珍しい野菜や料理を出して!」とお願いするとこんな感じでずらっと

水蓮(これがほんとに一押し)や山蘇などシャッキシャキの絶品台湾野菜や牡蠣がたっぷり入ったアツアツのオムレツ、薬膳っぽいショウガたっぷりスープetc・・・

なにこの美味しさ!!

ただの炒め物に見えてなんという奥深い味!

効いてるのはおそらく豆鼓!旨味がすごい!豆鼓いい仕事してるわぁ・・・。

しかもびっくりするほどお手頃価格だし!

感動が一口ごとに突き上げてくる私でしたが、15分ほどではたと気付く・・・

・・・全然減らない(一皿の大きさが想定外だった)。

・・・誰か助けて!

そんな心の叫びが周囲に届く筈もなく、ここで飲むつもりだったビールも諦め(そんなものをお腹に入れたら絶対食べきれないと判断)やむなく水で流し込む。

そして日本人の意地とプライドを賭けて(?)完食し「很味道好了!谢谢!(とても美味しかったよ、ありがと!)」と無理やり余裕の笑顔を作り、パンパンのお腹を隠すようによろよろと店を出た筈なのに・・・更に見つけてしまうスイーツ祭。

OH!NO!

結局そこでデザートなど食べて(しかも特大サイズ)

 

飲んで(コンビニで買ったクラフトビール。今すぐ飲みたいからと店長さんにお願いして栓抜きで開けてもらった)

よく朝もまた朝市に繰り出し・・・

果物やら胡椒餅やら牡蠣のお粥やら・・・

食い倒れです、完全に。

もう水さえも流し込めないような満腹の状態で危うく旅の目的を見失いそうでしたが・・・は!そうです、私は食い倒れに来たのではない。

今から台北のコワーキングスペースで仕事をするんだった。

危ない危ない・・・うっかりベンチで昼寝するところでした。

我に返った私、今回使ってみようと日本でインストールしていたUberのアプリでいざ配車!

目的地を入力するだけでこんな風に最寄りのUberドライバーがピックアップされます。

こんな簡単操作で異国の小道に立つ私を迎えにきてくれるのだろうか?

もう気分はかぼちゃの馬車を待つシンデレラです。

期待と不安にドキドキ・・・。

ああ、王子様ーー早くーーー!!

と、妄想に悶える暇もないくらい待つことたったの・・・3分程度(^-^;笑!!

早っ!!

路地の向こうからアプリに表示されたナンバーの車がやってきました。

すごい!!

王子キター!!

Tシャツに黒キャップのラフな王子は「写真撮らせてね!」と言うと笑顔で振り向いてくれました。

王子、英語は全く通じませんでしたが、ハンドルの横に取り付けられていたスマホでgoogle翻訳を使いながら(・・・いや、運転中だよ。前見て!前ぇーー!と何度も叫びそうにはなりましたが)とにかく一生懸命にコミュニケーションをとろうとしてくれたのが好印象でした。

料金は最初に表示された金額がクレジット決済されるし、所要時間もルートも分かっているので目的地へもそのままとてもスムーズに到着しました。

目的地

コワーキングスペース「IMPACT HUB Taipei」

さあいよいよ潜入レポート続きはChap3で(^^)/!

Chap3にしてやっとコワーキング出てくるよ!ほら、予想通りのゆるいブログだよw。

ブラマヤッカ~アジア編chap1~

投稿日:

2019年2月下旬、近隣のコワーキング事情を探るべくMajakka灯台守ことオーナーRisaは弾丸スケジュールで調査の旅vol.1にでました。

知っていそうであまり情報が入ってこない近隣アジア諸国の人々がどんな働き方をしているのか、また「働く」ことにどのような価値観を抱いているのか…現地で感じた徒然を個人のSNS上でも少し書いていたので重複する部分もあるかと思いますが、もう少し詳細な備忘録も兼ねて共有しようと思います。

調査の旅といってもまぁもちろんそこはオンとオフとをあえて区切らない♪マヤッカのポリシーのままにグルメや地元の面白情報など…適宜織り交ぜながら(むしろそっちが多いかも)お届けしたいと思います。

ええと、まず今回ですね・・・航空チケットをとる際に気付いたんです。

あれ?なにげに初LCCじゃないかい?

別に航空会社こだわりセレブという訳ではありません!!!田舎にいると使いたくても使う機会がないんですよね。最寄り空港はJALしか運航してないし。

昔々バックパッカーやっていた頃はそもそもLCCなんて無かった!(年がバレる・・・)

で、あらためて知ったのは、LCCって全部別料金なんですよねぇ。

機内食はもちろん、お水からひざ掛けから…受託手荷物も別料金。

持ち込みの手荷物も航空会社によって多少差はありましたが重さ6キロ以内!!超過するとまた別料金をとられるという・・・。

ノートPCも入れていたし、出発時荷物が既に5キロを軽く超えていた私でしたが、今回最初から最後までLCC乗りまくり活用しまくりの旅だったので最後にはどの空港でも手荷物はぎりぎり6キロに収める「6キロ職人」と化してましたよ。

話は元に戻りますが、そんなこんなで数十年振りのバックパッカーです。

昔は旅用にあれこれ動きやすい装備も揃えていましたが度重なる引っ越しやライフスタイルの変化もあっていざ準備を始めたら・・・使えそうな装備ゼロ!

普段運動もしないのでスニーカーさえも持ってない始末。

なんという非アウトドア・・・。

かと言ってこの旅の為に新たに買うのも勿体ないと、結局家族のお古のバックパック、スニーカー、パーカーetcオール借り物競争並みの急ごしらえの装備で出発しました。

こんな感じ

ああ自撮りだから全身写ってない(^-^;

そして手荷物の重量チェックも無事終えて乗り込んだドキドキの初LCCは台湾が誇るタイガーエアちゃん。

はい、中もタイガー感たっぷり(?)

ベルトもタイガー!

ガオー♪

激安なだけあって確かに必要最低限な感じはしましたが、特に狭いとか感じが悪いとかもなく…あっけないほどあっという間に一都市目台北に到着しました。

台北も最後に来たときからよく考えたら10年以上経っていました(^-^;。ああ一人旅のブランク結構長かったんだなぁ。

MRTの路線も郊外まで広がって切符までこーんなコイン型に進化していました。

券売機にお金を入れたらまた別のコインが出てくるという、なんとなく不思議な感覚でしたが、いざ改札に行ってこのコインを投入しようとすると・・・あれ?ない??

コインを入れるような穴がどこにも見当たらない・・・??

むむ・・・どこにこれを入れるんだ?とアワアワしていると親切な人がとんとんと肩を叩いてくれて「こうするんだよ」と教えてくれました。

なんと

まさかの・・・

 

タッチ式ぃーーー!!!

 

これかざすコインだったんです。

えーーーー!

はぁーーーー?!

かざすならなぜにこの形?!

コイン!コイン!ちゃりんちゃりんでしょ、普通。

台北よ、おぬしなかなかやるでないか・・・と到着早々心の中で何時代かわからないツッコミをしつつ一泊目の宿に向かった私でしたが、今回なんとなくのアクセスで選んだこのゲストハウスもかなり個性的でドストライクな場所だったんです。

ほーーら、アーティスティックで鬱蒼としてるでしょ?

そして館内いたるところにこのアーティストさんの作品がちりばめられていて建物の雰囲気ともばっちり!これは面白い・・・と思ってググるとCANDYBIRDというアーティストさんだと判明。その場でインスタフォローしちゃいましたw。

宿に着くとぼちぼち日も暮れてきてそういえば日本を出発してから水しか飲んでないなと気付き・・・(^-^;急にお腹も空いてきたので晩御飯を食べに近所の夜市に繰り出すことに。
夜市など台湾グルメの続きはchap2で!(^^)/